忍者ブログ

ブラック借金苦生活費借りたい人【専門窓口】

ブラックでも借りれるところならブラックでも貸してもらえます

食事にかけるコストをどう考えるか

最も45度という絶妙な角度で座れるお店というのはそれほど多くありません。ちょっと考えれば分かると思いますが、お店側も商売なので、一度にできるだけ多くの顧客を店内に入れたいと考えます。そうなってくると、2人用の席の場合、正面に向かい合う配置のテーブルを狭い間隔で並べた方が効率がいいです。

隣人との距離より、正面に座っている食事相手との距離の方が長いという配置はよく目にすると思いますが、お店の採算を考えた場合には致し方ない面もあります。ここで重要になってくるのが、費用対効果の考え方であります。お店に対して支払うお金は基本的に料理に対してですが、その場所を一定の時間確保するためのコストでもあります。

当然のことながら、テーブル間の距離が広く、45度での配置が可能なお店は、たいていが客単価が高いです。だが、会食を重要なシーンと考えるのであれば、場所にお金を支払っていると考え、値段についてはあまりケチケチしない方がいいです。

むしろ食事に対するコストは以下のように考えるといいでしょう。会食というのは、双方がわざわざ時間を取って食事を共にするという行為なので、それなりのメリットがなければダメであります。

つまり、全額を自分が支払い、しかもベストなロケーションに対して高額の費用を払っても採算が合うと思える相手でなければ、そもそも会食に行く意味がないのです。そう考えれば、よい配置を得るための出費など安いものであります。恋愛とビジネスが同じなら、この法則は異性との食事にも当てはまります。高いコストを払ってもよいと思える相手でなければ、無理して食事には行く必要はないです。逆に相手を食事に誘うのであれば、場所代をケチるのは御法度ということになります。
PR

コメント

プロフィール

HN:
No Name Ninja
性別:
非公開

P R